冠婚葬祭に便利な貸切バス

冠婚葬祭が行われるホテルや斎場などで良く見かける貸切バスですが、どのようなメリットがあるのかご存じでしょうか?
冠婚葬祭で用いられるバスの種類は、乗車人数が10名ほどならミニバス、コミューターといわれるバスが最適です。それ以上の乗車人数にはおよそ25名までで、マイクロバスを利用しています。

冠婚葬祭になると、遠方から訪ねて来られる方も多く、また小さい子供さんからお年を召した方まで年齢層も幅広くなります。
そのような方をスムーズに目的地のホテルや斎場へ案内出来るのが、貸切バスなのです。

土地勘のない、不慣れな場所での目的地へ個人的に移動するのは難しいですが、同じ目的の方を自宅や最寄駅など指定した場所に、送迎してくれる貸切バスは必要不可欠なものとなっています。

さらに送迎用のバスの費用は、結婚式やお葬式の主催の方が負担することが多いので、利用する方は負担なく乗車できるのも良いです。
また、結婚式や葬儀などの帰りも貸切バスがあると非常に便利です。
なぜならお酒を飲んでしまうと車の運転は出来ないですし、冠婚葬祭は眠気や疲れも引き起こします。そのような辛い時でも、公共の交通手段を使わずに眠っていても目的地へ行けるのも貸切バスの利点といえるでしょう。